女性なら、誰しもがメイクをして一日を過ごすかと思います。おしゃれのためには絶対に欠かせない時間、それがお化粧の時間ではないでしょうか。そんな頑張ったメイクも、帰宅が遅く落とすのが面倒になってそのまま寝てしまうと翌朝のお顔が大変なことに。メイクが毛穴に入ってしまっているため肌荒れも起こるし、毛穴つまりが起こり吹き出物が発生したりと大変です。そこで必ず帰宅後お風呂の前、もしくはお風呂の時に一緒にメイク落としを行うかと思いますが、最初にオイルなどでメイクだけを落としたあとに、洗顔料でメイク以外の汚れを落とすべく、いわゆる『二度洗い』を行う女性も多いでしょう。でも、寒い時期に二度洗いをすることで肌が余計に負担を受けることになるので、肌が痛みますし、また冷たい水で洗うのが辛いからと、お湯で洗うことでお肌にあるべき油分までも落としきってしまう結果になってしまいます。出来れば二度洗いをしないですむメイククレンジング方法があればそれに越したことがないといえます。私もこれまではオイルタイプでメイクを落とすのが好きだったので、オイルでメイクを落としますがその後に、オイルのぬるつきを落としたくなるので普通の洗顔料を使うためか、洗った後にすぐつっぱってしまいました。化粧水をつけるまでの間、待ったがないので本当に辛かったし何とかならないものかとスキンケアについて色々と調べました。顔を洗うときに使うのは、お水がいいかお湯がいいかというのも気になる点ですが、お湯だと熱いお湯だと瞬時に肌の油分を奪ってしまいます。でも冷たい水だと、毛穴が逆に引き締まってしまい落とすべき汚れが残ってしまいます。お湯を使って顔を洗うときの温度は、32℃から33℃くらいがベストなのだそうですが、これはメイク落としをすすぐときの適度な温度ですので、実際にはメイク落としをもっと肌に優しいものに変えるのも肌を痛めないクレンジング方法なのだと思います。やはり私もこれまでに色々なクレンジング製品を試したり見て来たりしましたが、ホットクレンジングが一番お肌によいし、毛穴を程よく開いてくれるので、そのホットクレンジングの成分とあたたかさでじんわりと毛穴を開き汚れを引き出したら32℃から33℃くらいのお湯でさっぱりと洗い流す、この方法が一番お肌に優しいのではないでしょうか。また、ホットクレンジングならゴシゴシこすることなく皮膚が温まり毛穴が開き、汚れがクレンジング成分によって引き出されるのでお肌に大きな負担をかけずにきれいに汚れを一掃できます。また、ホットクレンジングの中に美容成分が含まれているものならば、汚れを落としながらも肌に必要な成分が毛穴から取り込まれるから生き生きとした、うるおいのあるお肌に変わってゆきます。私もこの方法で、くすんだ肌が一掃されて明るくなった上に、吹き出物などのトラブルが減ったように思います。